BLOG
ブログ

集客のヒント

2014/03/03(月)

ナンパを確実に成功させる方法

 

FROM:林真平
茶屋町のカフェより、、、

ある午後の事。

セミナー帰りに喉の乾きを潤すためにコンビニで
ゆず茶を購入し、併設されている休憩スペースに座り休憩。

周りを見渡すと、営業マン・カップル・学生が
5:3:2の割合でオシャレな街並みを歩いています。

隣には、明らかに授業をさぼった大学生らしき二人組み。
ジャニーズJrを意識したような茶髪にピアス。
俗に言うチャラ男。

そのチャラ男達が

「ちょーまじで彼女欲しいねんけど、誰か紹介してや〜」

「俺は彼女おるからコンパできやんけど、
●●君にコンパでもやってもーたらえーたらええやん!」

「お前はええよな〜あんなかわいい彼女と!せっこいわ〜笑
しかしはよ夏ならんかな〜海でナンパしたいわー!」

という、学生を最大限満喫しているような会話が聞こえてきます。

会話がチャラい、、、

私も学生の時は将来の事をろくに考えず、遊んでばかりで
自分もこんな会話をしていたんだなと思うと
無性に恥ずかしくなります、、、

学生の自分に出会ったら説教をするでしょうね笑

そんな中、この寒い冬にもかかわらず少し露出の多い
SHOP店員のようなオシャレな若い女性が登場。

チャラ男達の視線がすぐさま釘付けになります。

そして一人が間髪入れず
「おねーさん!何してんの〜よかったら一緒にしゃべろや〜!」

女性は無視。

「俺らと喋ってたらほんまおもろいから〜!」
「俺ら●●大学やねんけど、友達なっとかな損すんで〜笑」

今どき、学歴を餌にナンパをする男がいるなんて
びっくり笑

浅はかである。

私のリサーチではナンパをよくされる女性は、
やはり言い寄られる事に慣れているために
もちろんそんなベタ?な言葉にはひっかかりません。

とくにナンパ市場では競合がとてつもなく多く、
初めの掴みが肝心なのではないでしょうか?

これはホームページ集客でも同じ事がいえます。

ホームページの反応率を上げる為に大切なのは、
サイトを開いて「最初に出てくる言葉」です。

昔と比べて、ネット上の情報は急激に増え続けております。

数あるホームページの中から、
ユーザーは自分にとって必要な情報を探します。

サイトを開いた時の初めの画面(ファーストビュー)で、
「このサイトはあなたにとって必要な情報ですよ!」
というメッセージを発信しなければなりません。

あなたのホームページ、初めに言う言葉は
見込み客の興味を引くものになっていますか?

初めにホームページが開かれてから、
ユーザーが自分にとって必要な情報と
判断する時間は約1〜2秒と言われています。

このごく僅かな時間の中で、
見込み客の興味を引かなければなりません。

見込み客の興味を引くためには
ヘッドラインを作りこむこと。

ヘッドラインとは言わば
見出し、キャッチコピーの事です。

例えばあなたがもし社長でリフォームをしたいと考えている場合
数あるサイトを検索している中、

「リフォームをお考えなら業界最安値の弊社にお任せ!」

というヘッドラインと

「警告!これを読む前にリフォーム会社を
価格だけで選ぼうと考えちゃいけません。
ほとんどのリフォーム業者が手抜きだと思っている社長へ」

というヘッドラインでは、後者のほうが
見込み客である社長の興味を引くことができるでしょう。

見込み客はじっくりあなたのホームページを
読んでいると思い込んでいると危険です。

ファーストビューで見込み客の「興味・関心」を
掴むことができたらこっちのものです。

あとは自分の伝えたい情報を
順番に出していくだけです。

そうすれば、あなたの伝えたい情報を
確実に届けることができるでしょう。

ホームページ集客で気を付けることは
まず見込み客の興味をヘッドラインで引き付ける事です。

ー林真平

PS:
名誉の為にいっておきますが、
私はナンパ師ではありません笑