BLOG
ブログ

集客のヒント

2014/05/17(土)

PPC広告の終焉?

 

FROM:林真平
六本木のカフェより、、、

久々の東京出張。

始発の新幹線で新大阪を出発し、東京駅に到着。

駅のすぐ近くにあるシャングリラホテルの28階に到着すると
立派なグランドピアノの生演奏とともに、
高層ビルの景色がいい感じのカフェラウンジ。

「お〜いハヤシ君〜!」

落ち着いた雰囲気とは裏腹に
でかい声で呼ばれたので振り返ると
明らかに日本人離れした体つきをした男性が
私のほうを向いて手をふっています。

ごつい、、、
むきむき、、、
ここはボディビルダー専用のカフェか、、、

愛用しているMacBookが
非常に小さくみえる笑
そしてなにより声がでかい笑

整体院コンサルタントの増田たくおさんである。

増田さんとは、以前私が働いていた会社の
パートナーであり、お世話になっていたのですが
今回ネット集客の件で打ち合わせをしにきました。

運営されている増田塾やコンサルタントの生徒さんを
ホームページで集めたいとの事だったのですが、
話がまとまった後、そのまま、西麻布で飲みにいく事に。

そこに同席していた、女性向けのサロンを経営されているSさんは、
増田さんの塾を受けられてから売り上げが格段にあがったとのこと。

主に増田さんはチラシやDMでの
オフライン集客を教えているのですが、
Sさんはホームページを作りPPC広告を
月に10万ほどかけていらっしゃるようです。

しかし最近、PPC広告を止めると、、、

なぜかホームページの問い合わせが増加したとのこと。

広告をとめて集客数が増える事は
とても考えられない事です。

このPPC広告。
今非常に厄介な状況になっています。

なぜなら最近ネットで検索をすると、広告文の横に
黄色の背景で「広告」とアイコンが表示されるように
なっているからです。

これ、実はとても危険な状態なのです。

なぜなら、

「広告が一番効果を発揮するのは、
広告だと思われない時」

広告だと思わずクリックして、
サイトを読み進めてしまった、、、

こういう広告が集客を成功させる
良い広告なのです。

そもそも広告だと思うと、それをクリックする人は
少なくなってしまうのです。

PPC広告を使って集客をしている人にとって、
この「広告」という表示は非常にうざったい、、、

とくにお悩み解決型のビジネスをしている場合、
検索キーワードや広告文は悩み解決の文章にされているはず。

なのにも関わらず「広告」と表示されてしまうと、
明らかに売り込みと感じられてしまいます。

しかしSさんはSEOにも力を入れており、
サイトの公開期間も長いので、
地域とサービス名で検索した時に上位に表示されるとのことです。

おそらくそちらにアクセスが集中して、
問い合わせが増加した可能性があるのでしょう。

もちろんグーグルのメインの収入源は
広告によるもの。

グーグルはいろいろ検索画面や、インターフェースを
テストをしているので、この方法が効果的でなければ、
表示をやめることだってあるかもしれません。

しかしもしこのアイコン表示がこれからも表示されるようであれば、
PPC広告の出稿の仕方を変えていかなければならないと思います。

ホームページ集客をしているのであれば、
もちろんPPC広告は最強の集客ツールではあります。

しかしもし今までの方法で反応が落ちれば、、、
集客をPPC広告に依存する事は危険です。

あらゆるツールや方法で、集客方法を
確立しておくことをおすすめします。

もしあなたがホームページだけで集客を
しているのであれば、オフラインの媒体を
使ってみることもおすすめします。

ー林真平

PS:
六本木ヒルズで中国人の方に道を聞かれました。

過去に性格診断の先生にも言われたことですが、
どうやら私、道を聞かれやすいタイプのようです笑