BLOG
ブログ

LPO

2013/12/28(土)

猿でもわかるデザイン

 

FROM:林真平
梅田のスタバより、、、

***********************
デザインとは、望む目的に最もよくかなうように、
必要な要素を組み立てる計画
***********************

これはアメリカのデザイナーで
20世紀における工業製品のデザインに大きな影響を与えた
チャールズ・イーズムの言葉です。

私は以前の会社でWEBデザイナーをしていた経験があり
毎日、HTML・CSSでコーディングを繰り返し
ひたすらページを製作してはいかに見た目の
よいページを作るかに注力していました。

モニターにはプリントした
カラーサークルを貼っていたり、
読みもしないデザイン本をデスクに並べていたり。

何の役目も果たさない、
無駄にお洒落なグッズを机においてみたり。

職場は私服、朝はカフェオレ。
気分はバリバリのお洒落な製作会社のデザイナー。
(はたから見たら超ミーハー)

そして自分の中で良いデザインをつくる度に、
となりのWEBスタッフに
「でや顔」でモニターをちらつかせてアピール。

完全に自己満足。
そして完全に自分に酔っています。

そんなミーハーな事ばかりしていたある日、
ある事件が発生しました。

というのも、時間をかけてデザインして

「よし、これはいいデザインができた!」

と思って、満を持してリリースしたページが、
ABテストしたほぼテキストベースのページよりも
コンバージョンが低かったのです。。

「なんじゃこりゃ!!」
「なんでデザインいれてないページより低いねん!!」

驚愕の事実。
そして唖然。
ろくに昼ご飯も喉を通りません。

「計測ツールバグってるんちゃうん!」

天下のgoogle様に電話してやろうかと思いました。

それを機に時間をかけてデザインするのに
こだわる事をやめたのです。。

それからは「売れるデザイン」を
追求するようになったのです。

WEBデザインは
「魅せるデザイン」と「売れるデザイン」
に大きく分類されます。

売れるデザインとは、ただ魅せるデザインではなく、
ダイレクトレスポンスマーケティングには大事な
コンバージョンを上げるためのデザインです。

コンバージョンの高いページに必要なのは、

「シンプルであり、明確であること」

チャールズ・イーズムの言葉のように、
デザインによって、見込み客が望む目的に簡単に
到達させないといけません。

なるべく無駄なデザインはせず、
シンプルにする必要があるのです。

例えば、メルアド登録するランディングページなら
ボタンだけを目立たせる。

電話をかけてほしいなら、電話番号を強調する。

そのページで行動を起こして欲しい
ところだけを目立たせることがとても大切です。

他にもカラーを2色だけに統一したり、
ヘッドラインもごちゃごちゃせず、
シンプルにするだけでもテスト結果はよくなることがあります。

アップルのサイトを一度みてもらうとわかるとおもうのですが、
無駄な配色がなくシンプルで信頼感があります。

デザイナーは特に自己満足なデザインをしがちです。
(※私も以前はそうでした。)

無駄なところに凝ったデザインをしていると時間もかかるし、
それに比べてシンプルなデザインだとかける時間も少しで済みます。

無駄に時間を使う事なく仕事の効率もアップしますよね。

デザイナーがやるべき事。

それはひたすらランディングページやセールスページを
googleアナリティクス(旧googleオプティマイザー)で
ABテストすることが大切なのです。

少し少し改善し、コンバージョンを高めていく。

そうする事によって売上は長期的にみると
大きく変わってくるのです。

LPO(ランディングページ最適化)と呼ばれる
物販をしているビジネスには必須のスキルです。

コンバージョンを上げるテストにはヘッドラインのコピーを変更したり、
ボディーコピーを変更したりしますが、
デザインでコンバージョンをアップさせる事もできるのです。

例えばレイアウトを変えたり、色を変えたり、
フォントサイズや配置を変えたり、、、

様々な方法でテストをする事ができます。

見込み客にとってもらいたい行動をとことん単純化する。
そして目的に辿りやすくすることが重要です。

売れるデザインで使われる言葉で
「Don’t Make Me Think!」
というものがあります。

直訳すると
「考えさせるな!」

ページを開いた瞬間、
見込み客に考えさせる余地を絶対に
与えてはいけません。

「このページにきたけど何をしたらいいのだ?」

見込み客にこう思わせてしまうと完全にアウトです。
あなたのサイトからすぐに立ち去ってしまうでしょう。

視覚的にパッと見でなんのページなのかわかるように
簡易化してください。

「猿でもわかるデザイン」にしてください。

これが売れるデザインを作る時に
必須のマインドなのです。

マーケッターに大切な事は【テスト】。
テストによってビジネスを計測・改善する必要があります。

デザインにも【テスト】は大切です。

ー林真平

PS:
ABテストは少しのアイディアで
コンバージョンを上げる事ができます。

もしあなたの会社にWEBスタッフがいるなら、
是非ABテストをまめに行うように依頼してみてください。

PPS:
どのように改善すれば知っている人に依頼することは
ホームページ集客を成功させることができる近道ではないでしょうか?

今ならあなたのホームページを無料診断します。
お気軽にフォームからお問い合わせ下さい。

http://www.marketing-design.jp/contact/